JTBホスピタリティレター

2016.07.01【JTBホスピタリティレター 第91号】

新たな環境に適応するために
— 記憶に残る感動サービスの実現へ —

2016/7/1 No.091

いつも「ホスピタリティレター」をご覧いただきまして、ありがと
うございます。

いよいよ今年も後半戦の7月に入りました。

弊社は、例年7月から業務量が急激に増えてくるのですが、今年も
その傾向が出始めており、後半戦も色々な仕事へチャレンジをして
いきたいと思います。

それでは、「ホスピタリティレター 第91号」をお送りします。

━━━━━━━━━━━★今号の内容★━━━━━━━━━━━━

1.コラム:新たな環境に適応するために

2.無料体験研修のお知らせ

・2016年7月21日(木)開催
・2016年8月24日(水)開催:受付スタート

※会場:株式会社JTBコミュニケーションデザイン
    東京本社12F セミナールーム

「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修 ~2つの人気研修
≪ホスピタリティ/洞察・察知≫のエッセンスをご紹介します!~」


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

        コラム:新たな環境に適応するために

            局長 内倉 広輔

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

私どもの話になりますが、今年4月にグループ会社が統合し、新体制
がスタートしております。

新たな組織体制や仕組みに変更になる分、メンバー含め戸惑いながら
のスタートになりましたが、徐々に落ち着きを取り戻しております。

今回、私自身、簡易なメモを日々残すようにしてあります。
どのようなメモかというと、会社統合に伴う社員の意識変容や早期に
ベクトルを合わせるために必要な取り組みが何かを、自らを被験者と
して記載し、今後のコンサルティングに活かすようにしています。

私自身、日々感じていることなどを整理してお伝えすることで、皆様
が今後同じような組織統合や大きな制度変更などがあられた際の一つ
の参考にしていただければと思います。もちろん、会社様毎の状況も
あるかと思いますので、個別各論の事柄ではなく、大部分の組織で共
通で活用できる事項をお伝えいたします。

-------------------------------------------------------------

【仕組み変更に対する社員の不安感・不満感の除去に必要なこと】
「キーワードは"見える化"」

①全体像の明示
→業務がどのようになるか、具体的なイメージが湧かないことが、
 余計な不安、不満につながるため、いかに除去するかがポイント
・新たな仕組みに変更になることで、現状の業務フローと何が変わる
 のかを明確にする
・新たな仕組みに変更する目的、意義+社員側の「メリット」が何か
 を明示する

②新たな仕組みでの業務にかかる工数の"見える化"
→上記した社員側のメリットとも被る部分があるかもしれませんが、
 定量的に指標で示すことで、①同様、不安感、不満感の除去に
 つながる
・新たな仕組みに変更になることで、どのくらいの工数(作業時間
 など)負荷があるか、現行の仕組みと工数を数値で比較する
・新たな仕組みに習熟するために、どのくらいの期間がかかるのか
 目安を明示する(習熟する期間がわかる=先が見えるため、ネガ
 ティブな気持ちを長期間引きずらない)。

【スムーズな他部署、他者連携を早期実現するために】
「キーワードは"相互理解"」
①ダイレクトコミュニケーションによる相互理解
→名前、顔、一人のビジネスパーソンとしてどのような人物か、
 性格など、人と人との関係を構築することが何より重要
 (知らない方との連携は心理的障壁が発生してしまう)
・いきなり大きな単位ではなく、名前、顔、一歩踏み込んだ会話が
 できる規模感での業務外コミュニケーションの場の設定

②両部署の立場、状況の相互理解
→「自部署の状況が全て」「自部署が一番大変」、という視野の狭い
 状態を除去すべく、感情論ではない"横つながり意識"の醸成
・感情的に衝突する可能性のある部署同士での共通テーマによる意見
 交換の場の設定

-------------------------------------------------------------

ご紹介したのは、もちろん一つの考えであり、これが全てではござい
ません。何より、成果につなげていくためには、もう少し長い時間軸
で図っていくべき施策も含めて複層的に考え、実施していくことが必
要です。

私自身、大きな実験の場に入れる、という現状を好機として、コンサ
ルタントとしての知見を蓄積し、皆様に還元できるようにしてまいり
ます。

━━━━━━━━━★無料体験研修のお知らせ★━━━━━━━━━

「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修 ~2つの人気
研修のエッセンスをご紹介します!~」

『社員が「ホスピタリティ」というものをイマイチ理解していない・・・』
『顧客対応の研修を探している・・・』
『他と一味ちがったCS研修をしたい・・・』

・・・等々、お考えの皆さまに、実際に弊社にて実施している人気の研修を
お試しできる内容です。今年度は多数のお客様にご参加いただいております
ので、ご興味のある方はお早目にお申込みください!

以下の日程にて開催を予定しております。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

1.開催日:

・2016年 7月21日(木)15:00~17:30
・2016年 8月24日(水)15:00~17:30

2.開催会場:株式会社JTBコミュニケーションデザイン
      東京本社12Fセミナールーム

*港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング
*都営地下鉄三田線 芝公園駅 A2出口より徒歩2分
 都営地下鉄三田線 三田駅 A10出口より徒歩3分
 都営地下鉄浅草線 三田駅より徒歩3分
 JR線 田町駅より徒歩7分
 都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅より徒歩8分

3.開催時間:15:00~17:30
4.タイトル:
「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修」
~2つの人気研修≪ホスピタリティ/洞察・察知≫の
エッセンスをご紹介します!~」

 ~内容~
1.オリエンテ―ション
2.ホスピタリティマインド&メソッド研修より
「ホスピタリティ解体新書」
3.ホスピタリティスキル研修 「洞察・察知編」より
「お客様の内面を想像してみましょう」
4.各種プログラムのご案内

※途中小休憩10分あり
※参加費無料!定員20名様まで!
※1社2名様までのお申し込みとさせていただいております。

無料体験研修のお申し込みはこちら
→https://www.jtb-hm.jp/lp_seminar/entry/content/

――――――――――――――――――――――――――――――――

ぜひ、皆様のご感想をお寄せください
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
jtb_hm001@jtbcom.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――

発行:東京都港区芝三丁目23番1号
株式会社JTBコミュニケーションデザイン

発行責任者: 内倉 広輔
編集:    佐藤 昌弘

TEL 03-5657-0620 FAX 03-5657-0642
URL https://www.jtb-hm.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――

記事一覧へ戻る

JTソリューションズホスピタリティマネジメント
お電話でのお問合せ、お待ちしております
03-6420-2307 受付時間 平日9:30~17:30
お問い合わせ