JTBホスピタリティレター

2017.10.02【JTBホスピタリティレター 第106号】

企業と従業員の関係性
— 記憶に残る感動サービスの実現へ —

2017/10/2 No.106

いつも「ホスピタリティレター」をご覧いただきまして、ありがとう
ございます。

今年も残り3カ月。今年は秋らしい気候を感じられ、旅行に、食事に、
スポーツにと、いわゆる「〇〇の秋」を楽しめる状況です。皆様はどの
ような秋を過ごされますか?

それでは、「ホスピタリティレター 第106号」をお送りします。

━━━━━━━━━━━★今号の内容★━━━━━━━━━━━━

1.コラム:

 「企業と従業員の関係性」

2.「エンゲージマネジメント研修」のお知らせ
・2017年11月16日(木)10:00~17:00
・企業の組織力を左右するミドルマネジメント層に向けた研修です
・部下からの信頼をもとにチームをまとめ上げ、動機づけ、成果に
つなげていくために必要なミドルマネジメント層としての意識や姿勢、
具体的なスキルを伝授!

3.無料公開研修のお知らせ

・2017年 9月27日(水)開催
・2017年 10月26日(木)開催
  
※会場:株式会社JTBコミュニケーションデザイン
    東京本社12F セミナールーム

「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修 ~2つの人気研修
≪ホスピタリティ/洞察・察知≫のエッセンスをご紹介します!~」


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         
 コラム:

        「企業と従業員の関係性」
                
         局長 内倉 広輔


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

昨今のITの発達による改めて人的対応の見直し・強化や人材の不足感など
の状況から、改めて企業としてのあり方や企業ブランディング、企業理念
の浸透化などのご相談が増加傾向です。

企業ブランディングや企業理念の浸透化は経営課題でもありますので、
ご依頼いただいてから必ず弊社で実施するのは経営層と従業員へのインタ
ビューです。そこで浮かび上がる課題として往々にしてあるのは、他責的
観点による"相互追及関係"です。経営層は「従業員が理念を理解せず、
自律的に動かない」、従業員は「経営層が現場を理解せず、絵に描いた餅
ばかりの取り組みを計画する」と「他責」の観点で現状への不満・課題を
挙げることが多く見受けられます。

どちらが真実か、の議論はここでは触れませんが、ポイントは両者が
「他責」になっているうちは、取り組みを開始してもどこか違和感を抱え
たままとなり、成果(ここでは企業ブランディングや理念の浸透化)に
つながりません。

人材の不足感もあり、以前ほど「企業>従業員」という関係性ではなく、
何かあれば同業他社へ人材が流動するなどの懸念から、「企業<従業員」
となっている状態も見かけることが多くなりました。本来であれば、ど
ちらが上・下ではなく、「企業=従業員」の"相互依存関係"が最適の
はずです。企業は、企業理念実現の為に、その実現の中核を担う従業員
が最高のパフォーマンスを発揮できるよう導いたり、環境整備をしたり
する役割があり、その役割を担うのが経営陣となります。従業員は、企
業理念に共感し、その実現に向けてやりがいを感じながらイキイキと働
くことが役割です。

このように書くと皆様、「当たり前のこと」として理解はいただけますが
現実として起きている事象はは理解できている状況とは思えず、総論賛成
・各論反対になりがちです。

このような状況を改善するには、相互依存関係を企業と従業員が構築する
こと、つまりは"インナーホスピタリティ"の醸成です。企業の組織力や
実力をいろいろな指標で図る記事を見かけますが、私としては今後の人口
現象やAIによる人材からの職務転用などの市況環境を考えると、"インナ
ーホスピタリティ"があり、企業(経営層)と従業員が同じ方向性を向き
(これが企業理念の浸透化につながります)、取り組むことが今後の生命
線になるのではないかと確信しています。

改めて自社の企業理念実現に向けて何が必要か、経営層と従業員の立場を
超えて話し合う機会を持たれてはいかがでしょうか?

━━━━★「エンゲージマネジメント研修」のお知らせ★━━━━━

企業の根幹は"人材力"。この人材力を高めるための知見を活用した
オリジナルメソッドを用いて学べる具体的で理解しやすいプログラム
です。企業の中核を狙うのは、"ミドルマネジメント層"。現場をま
とめ上げ、部下の成果を高めるためのポイントをお伝えします。部下
からの信頼をもとにチームをまとめ上げ、動機づけ、成果につなげて
いくために必要な意識や姿勢、具体的なスキルをお伝えするプログラ
ムです。是非、お申し込みくださいませ!

【開催概要】
日時: 2017年11月16日(木) 10:00~17:00(9:30開場)
場所: JTBコミュニケーションデザイン 東京(本社)
〒105-8335
東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング12階

受講料:20,000円/人
定員:30名様
※最少催行人数10名
※お申込人数によっては抽選となる場合がございます。
※法人様のみのお申込みとさせていただいております。
※弊社と同業、個人、社内講師の方のご参加はご遠慮いただきます。
※お申し込みは、直接お電話か下記ホームページよりお願いいたします。
電話:03-5657-0620
(JTBコミュニケーションデザインホスピタリティマネジメント局)
HP:https://www.jtb-hm.jp/seminar/index.html

━━━━━━━━━★無料体験研修のお知らせ★━━━━━━━━━

「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修 ~2つの人気
研修のエッセンスをご紹介します!~」

『社員が「ホスピタリティ」というものをイマイチ理解していない・・・』
『顧客対応の研修を探している・・・』
『他と一味ちがったCS研修をしたい・・・』

・・・等々、お考えの皆さまに、実際に弊社にて実施している人気の研修を
お試しできる内容です。今年度は多数のお客様にご参加いただいております
ので、ご興味のある方はお早目にお申込みください!

以下の日程にて開催を予定しております。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

1.開催日:  

・2017年 10月26日(木)開催
・2017年 11月22日(水)開催

2.開催会場:株式会社JTBコミュニケーションデザイン
      東京本社12F
   
*港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング
*都営地下鉄三田線 芝公園駅 A2出口より徒歩2分
 都営地下鉄三田線 三田駅 A10出口より徒歩3分
 都営地下鉄浅草線 三田駅より徒歩3分
 JR線 田町駅より徒歩7分
 都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅より徒歩8分

3.開催時間:15:00~17:30
4.タイトル:
「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修」
~2つの人気研修≪ホスピタリティ/洞察・察知≫の
エッセンスをご紹介します!~」
 
~内容~
1.オリエンテ―ション
2.ホスピタリティマインド&メソッド研修より
「ホスピタリティ解体新書」
3.ホスピタリティスキル研修 「洞察・察知編」より
「お客様の内面を想像してみましょう」
4.各種プログラムのご案内

※途中小休憩10分あり
※参加費無料!定員20名様まで!
※1社2名様までのお申し込みとさせていただいております。

無料体験研修のお申し込みはこちら
→https://www.jtb-hm.jp/lp_seminar/entry/content/

――――――――――――――――――――――――――――――――

ぜひ、皆様のご感想をお寄せください
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
jtb_hm001@jtbcom.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――

発行:東京都港区芝三丁目23番1号
株式会社JTBコミュニケーションデザイン

発行責任者: 内倉 広輔
編集:    佐藤 昌弘

TEL 03-5657-0620 FAX 03-5657-0642
URL https://www.jtb-hm.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――

記事一覧へ戻る

JTソリューションズホスピタリティマネジメント
お電話でのお問合せ、お待ちしております
03-6420-2307 受付時間 平日9:30~17:30
お問い合わせ