JTBホスピタリティレター

2017.05.08【JTBホスピタリティレター 第101号】

研修の学びを行動に繋げるための動機づけメッセージ
— 記憶に残る感動サービスの実現へ —

2017/5/8 No.101

いつも「ホスピタリティレター」をご覧いただきまして、ありがとう
ございます。

新年度を迎え、早くも1か月が経ちました。弊社は昨年JTBグループの
再編により新会社として新設され、ソリューションの種類、幅が拡大
しております。

今後は、今まで以上に課題解決のヒントに繋がるようなセミナーやソ
リューション実績を、このメルマガでも配信していきたいと考えてお
ります。

それでは、「ホスピタリティレター 第101号」をお送りします。

━━━━━━━━━━━★今号の内容★━━━━━━━━━━━━

1.コラム:

「研修の学びを行動に繋げるための動機づけメッセージ」

2.無料体験研修のお知らせ

・2017年 5月19日(金)開催
・2017年 6月28日(水)開催
  
※会場:株式会社JTBコミュニケーションデザイン
    東京本社12F セミナールーム

「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修 ~2つの人気研修
≪ホスピタリティ/洞察・察知≫のエッセンスをご紹介します!~」

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         
 コラム:

   「研修の学びを行動に繋げるための動機づけメッセージ」
                
           課長 夏苅 正史


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 4月は新入社員研修のご支援が目立ち、各社の特徴を感じつつ、優
秀な新入社員の方々とお会いする機会が多くございました。

今回のメルマガでは、JTB独自のホスピタリティメソッドや接遇研修
を通じて学んだことを行動に繋げるため、動機づけに繋がりやすい3
つのメッセージについてご紹介いたします。

1.他責思考と自責思考
新部署に配属されたばかりの新入社員は、何か問題が発生した際には
その原因を、他人の責任か、自分の責任か、安易に目がいきがちにな
るようです。新入社員として不安を抱える時期ですから、仕方の無い
ことかもしれません。問題が発生した際に、他人の行動に目を向ける
ことが「他責」であり、自分の行動に目を向けることが「自責」とい
うことを説明しています。そして大切なことは、他責思考は誰もが考
える思考であり、ある意味当たり前のことと認識を持つべきで、その
他責思考を持った状態から、自分に何か出来ることはなかったのか、
どのような働きかけが必要であったかの自責思考に切り替えることが
組織で活躍するために求められる思考の転換であるとアドバスをして
います。

2.セルフコントロール
「やるべき行動」に向き合うための3つの捉え方です。
・客観的に捉える
 忙しい、つらいという感情を持った際、客観的に自分を観察する
・好意的に捉える
 相手からの発言を好き嫌いではなく、好意的に受け止める
・機会的に捉える
 難しい仕事、初めての仕事に対して不安になっている時こそ、この
 仕事の経験にどのようなチャンスがあるかを考える
この3つの捉え方が行動発揮の確率を高めることに繋がることをお伝
えしています。

3.研修終了後の意識変化と行動発揮
研修終了後、学んだことを忘れてしまいがちです。研修終了後にでき
る学びを行動に繋げるためのポイントがあります。

それは、学びを実践できていないことに気づいた時に何をするかです。
結局この2週間、研修で学んだことを実践できなかったと感じた時に、
今日出会うお客様には、学びを実践をしてみよう!という自分自身に
行動ルールを決めることが重要です。
更に時間が経つと結局学びの行動が継続せずに忘れる方も多いでしょ
う。再び実践できていないことに気づいたタイミングで行動ルールを
新た決める。研修の学びを忘れてしまうことを前提に、都度思い出し
たら、行動ルールを設定し実践してみる、また忘れてしまう、そして
行動ルールを設定し向き合う。この繰り返しが、学びを行動に繋げら
れる現実的なプロセスであり、学びを活かすコツになっていきます。

上記3つは、動機づけに繋げるメッセージの一例です。研修当日まで
に受講してきた研修内容や、研修期間、職種特性や受講者特性含め、
効果的なメッセージとそのタイミングは様々かもしれません。

皆様が実施している自社研修も数多くあるかと思います。学びを行動
に繋げるめの動機づけとして、研修の終盤に何を伝えるかもしっかり
と検討し、行動発揮への確率を高めていただく必要性を改めて感じて
いただければ幸いです。

我々ホスピタリティマネジメント局も、学びの情報提供に留まらず、
行動に繋げるための施策をお客さまとともに考え抜いたソリューショ
ンを提供できればと考えております。


━━━━━━━━━★無料体験研修のお知らせ★━━━━━━━━━

「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修 ~2つの人気
研修のエッセンスをご紹介します!~」

『社員が「ホスピタリティ」というものをイマイチ理解していない・・・』
『顧客対応の研修を探している・・・』
『他と一味ちがったCS研修をしたい・・・』

・・・等々、お考えの皆さまに、実際に弊社にて実施している人気の
研修をお試しできる内容です。今年度は多数のお客様にご参加いただ
いておりますので、ご興味のある方はお早目にお申込みください!

以下の日程にて開催を予定しております。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

1.開催日:  
・2017年 5月19日(金)15:00~17:30
・2017年 6月28日(水)15:00~17:30

2.開催会場:株式会社JTBコミュニケーションデザイン
      東京本社12Fセミナールーム
   
*港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング
*都営地下鉄三田線 芝公園駅 A2出口より徒歩2分
 都営地下鉄三田線 三田駅 A10出口より徒歩3分
 都営地下鉄浅草線 三田駅より徒歩3分
 JR線 田町駅より徒歩7分
 都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅より徒歩8分

3.開催時間:15:00~17:30
4.タイトル:
「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修」
~2つの人気研修≪ホスピタリティ/洞察・察知≫の
エッセンスをご紹介します!~」
 
~内容~
1.オリエンテ―ション
2.ホスピタリティマインド&メソッド研修より
「ホスピタリティ解体新書」
3.ホスピタリティスキル研修 「洞察・察知編」より
「お客様の内面を想像してみましょう」
4.各種プログラムのご案内

※途中小休憩10分あり
※参加費無料!定員20名様まで!
※1社2名様までのお申し込みとさせていただいております。

無料体験研修のお申し込みはこちら
→https://www.jtb-hm.jp/lp_seminar/entry/content/

――――――――――――――――――――――――――――――――

ぜひ、皆様のご感想をお寄せください
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
jtb_hm001@jtbcom.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――

発行:東京都港区芝三丁目23番1号
株式会社JTBコミュニケーションデザイン

発行責任者: 内倉 広輔
編集:    夏苅 正史

TEL 03-5657-0620 FAX 03-5657-0642
URL https://www.jtb-hm.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――

記事一覧へ戻る

JTソリューションズホスピタリティマネジメント
お電話でのお問合せ、お待ちしております
03-6420-2307 受付時間 平日9:30~17:30
お問い合わせ