JTBホスピタリティレター

2017.11.01【JTBホスピタリティレター 第107号】

リーダー・マネージャー育成について
— 記憶に残る感動サービスの実現へ —

2017/11/1 No.107

いつも「ホスピタリティレター」をご覧いただきまして、ありがとう
ございます。

今年も残り3カ月。今年は秋らしい気候を感じられ、旅行に、食事に、
スポーツにと、いわゆる「〇〇の秋」を楽しめる状況です。皆様はどの
ような秋を過ごされますか?

それでは、「ホスピタリティレター 第107号」をお送りします。

━━━━━━━━━━━★今号の内容★━━━━━━━━━━━━

1.弊社事業のご紹介① モチベーションイベント局

2.コラム:「リーダー・マネージャー育成について」

3.無料公開研修のお知らせ

・2017年 11月22日(水)開催
・2017年 12月14日(木)開催
  
※会場:株式会社JTBコミュニケーションデザイン
    東京本社12F 会議室

「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修 ~2つの人気研修
≪ホスピタリティ/洞察・察知≫のエッセンスをご紹介します!~」


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         
    
   弊社事業のご紹介① モチベーションイベント局

      「記念日が会社の絆を強くする!」
                
        局長  塩谷 久美子


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

JTBコミュニケーションデザインでは、あらゆるコミュニケーション
に関するプロフェッショナルとして、そのノウハウとスキルを融合さ
せ、様々なサービスと知見を提供しております。

その具体的な内容につきまして、今号より複数回にわたり、ご紹介を
させていただきます。

初回は、「モチベーションイベント局」です。
ぜひ、ご一読ください!
_______________________________


 皆さま、初めまして。私は、ミーティング&コンベンション事業部
モチベーションイベント局の塩谷と申します。

私共は、企業や団体・組織のインナーイベントを専門に行っています。
主な目的は、企業・組織の業績アップ、サービスレベル向上、そして
ヒューマンエラー防止策として、リアルコミュニケーションの機会創
造を行っています。このような社内経営課題解決のためのイベントを
総称し、『モチベーションイベント??』としています。

 日本の中に数多くある企業や団体の共通した経営課題の一つに、従業
員同士のコミュニケーション課題があります。
どの組織も様々な施策をすでにうっているのですが、草の根的な継続し
ていく施策と、その中間には少しだけ刺激を与えられるようなまさしく
イベントが必要だと考えています。
 イベントと聞くと派手なことをするというイメージではありますが
派手なイベントだから効果があるということではありません。
大切なのは、その都度、会社を通して自分のことを改めて考える機会、
"場"を組織が本気できちんと作ることができるか、だと考えます。

 普段の忙しい毎日を超え、非日常の"場"を提供して会社を、そして
自分自身を"想う"機会を創り出します。

 そんな中、最近お客様からの声で非常に多いのが『〇〇記念』という
キーワードです。〇〇記念には多数あります。代表的な『創立・創業記
念』『上場記念』『合併記念』『製品上市記念』などなど。
これらはまさに、従業員や関係各社へ記念日という"場"を組織として
提供し、皆で"想いあう"機会を取り入れる組織が増えているという
ことです。

 ある製造業のお客様の例ですが、合併数年目の節目の年に、徐々に
社内は落ち着いてきたが、大事なステークホルダーである株主様向けに
何か企業としての声を届けることができないかとご相談いただきました。
この会社様はもともと本社の所在地が西と東の企業であり、合併後は本
社機能を東に設置したため、今まで西で行っていた株主総会もなくなり
ました。旧企業の古くからの優良株主様へ向けて、直接トップがと触れ
合う機会がなくなってしまったのです。この企業へご提案したのは、株
主様向け説明会という形でした。毎年、国内の様々な箇所へ順番に回っ
ていくというイベントです。全役員がそろい踏みではありますが、株主
総会とは全く違うので、社長も役員も今後の社の方向性をプレゼンテー
ションし、ざっくばらんに質疑にもお答えになるというものでした。
満足度が高く、年々参加希望者が増えていきました。

 また、あるサービス業のお客様の例では、合併後すぐにキックオフミ
ーティングを行い、社員同士のコミュニケーションを深めるために、く
じ引き等で座席を強制的にミックスしチームビルディングをプログラム
のなかに取り入れ、会の終わりには自然なコミュニケーションが発生し
ている状態になりました。
また、定期的にイベントは記念日として行い、経営課題の中で『一体感
の醸成』を最優先課題と位置づけた際は、グループ会社全社対象でファ
ミリーイベントを開催、その中で『ギネス世界記録??』チャレンジを行
いました。(見事世界記録も獲得!)

 様々な課題があり、そのうち手も様々。
まずは、皆様の企業・団体で『〇〇記念日』のようなきっかけがあるな
らば、"場"を組織として提供し、皆で"想いあう"機会を取り入れる
事から始めてみてはいかがでしょうか。

 皆様の記念日が素晴らしいものになることをお祈り申し上げます!

_______________________________

いかがでしたでしょうか?

本コラムをご覧いただき、「モチベーションイベント」に関してご興味
をお持ちいただけましたら、下記までお問い合わせください。

後日担当者よりご連絡をさせていただきます。

e-mail:jtb_hm001@jtbcom.co.jp

TEL :03-5657-0620


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         
    
   コラム 「リーダー・マネージャー育成について」
                
            課長 夏苅 正史


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

リーダー、マネージャーの方々は、自分の部下を育成するための目標
管理において、どんなことに悩みをお持ちなのでしょうか?
管理職研修を通じて、リーダー、マネージャーの方々とお会いします
が、様々にご苦労されているようです。

人事考課の時期だけではなく、部下育成には日常の部下との接点を含
むPDCAが重要になることは誰もが十分理解しており、そこに日々向き
合った育成マネジメントに奮闘しているリーダー、マネージャーも沢
山いらっしゃることも事実だと思います。

奮闘しながらも、育成マネジメントが機能しない大きな問題の一つに、
現在のリーダー、マネージャー自身が、目標管理によるPDCAによって
育成指導された体験を持つ方が極一部に限定されているからではない
でしょうか。

わたし自身、幸いにも過去上司から、PDCAによる徹底された育成指導
を体験し(7年間程)、目標設定と進捗管理及び上司への報告方法に
ついて、厳しく指導された経験を持っております。これが、今の育成
マネジメントを考える上でのベースになっていますし、研修プログラ
ム設計にも活かすことができています。

PDCAでは、Pの目標設定が最初になりますが、ご参考までに、わたし
自身の経験を通じた目標設定(目標の文字化)の際のポイントをご紹
介します。

目標設定ポイント
1.テーマ(何を)と基準(どの程度)に分けて考える
2.達成基準を検討する際、目標と現状の認識を整理する
3.数値や期日を明確にし、その時の具体的な状態まで示す
4.長々と文章で記載するのではなく、箇条書きで記載する

大切なことは、これら4つのポイントを、部下に対して具体的な指導、
説明ができるかということです。そのためには、改めてリーダー、マ
ネージャーである自分自身の目標について、上記4点のポイントをベ
ースに自ら整理してみることが重要になります。

育成マネジメント経験のないリーダー、マネージャーが、部下への育
成マネジメント力を身につけるに、改めて自分自身の目標設定、進捗
管理、上司への報告の実践と振り返り機会が必要です。

テクニカルなマネジメント手法を学ぶだけではなく、今のリーダー、
マネージャーにこそ、自分自身の目標管理方法に向き合う機会設定が、
価値ある人材育成機会につながると強く感じます。

一方で、若手社員については、少しでも早いタイミングから、後輩指
導するための目標管理方法に触れ、リアルな課題(現象)を通じて悩
み、みんなで考える機会をつくりだすことも必要なのではないでしょ
うか。

━━━━━━━━━★無料体験研修のお知らせ★━━━━━━━━━

「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修 ~2つの人気
研修のエッセンスをご紹介します!~」

『社員が「ホスピタリティ」というものをイマイチ理解していない・・・』
『顧客対応の研修を探している・・・』
『他と一味ちがったCS研修をしたい・・・』

・・・等々、お考えの皆さまに、実際に弊社にて実施している人気の研修を
お試しできる内容です。今年度は多数のお客様にご参加いただいております
ので、ご興味のある方はお早目にお申込みください!

以下の日程にて開催を予定しております。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

1.開催日:  

・2017年 11月22日(水)開催
・2017年 12月24日(木)開催

2.開催会場:株式会社JTBコミュニケーションデザイン
      東京本社12F
   
*港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング
*都営地下鉄三田線 芝公園駅 A2出口より徒歩2分
 都営地下鉄三田線 三田駅 A10出口より徒歩3分
 都営地下鉄浅草線 三田駅より徒歩3分
 JR線 田町駅より徒歩7分
 都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅より徒歩8分

3.開催時間:15:00~17:30
4.タイトル:
「JTBホスピタリティマネジメント 無料体験研修」
~2つの人気研修≪ホスピタリティ/洞察・察知≫の
エッセンスをご紹介します!~」
 
~内容~
1.オリエンテ―ション
2.ホスピタリティマインド&メソッド研修より
「ホスピタリティ解体新書」
3.ホスピタリティスキル研修 「洞察・察知編」より
「お客様の内面を想像してみましょう」
4.各種プログラムのご案内

※途中小休憩10分あり
※参加費無料!定員20名様まで!
※1社2名様までのお申し込みとさせていただいております。
※当社と同業の方、個人の方の参加はご遠慮いただいております。

無料体験研修のお申し込みはこちら
→https://www.jtb-hm.jp/lp_seminar/entry/content/

――――――――――――――――――――――――――――――――

ぜひ、皆様のご感想をお寄せください
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
jtb_hm001@jtbcom.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――

発行:東京都港区芝三丁目23番1号
株式会社JTBコミュニケーションデザイン

発行責任者: 内倉 広輔
編集:    夏苅 正史

TEL 03-5657-0620 FAX 03-5657-0642
URL https://www.jtb-hm.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――

記事一覧へ戻る

JTソリューションズホスピタリティマネジメント
お電話でのお問合せ、お待ちしております
03-6420-2307 受付時間 平日9:30~17:30
お問い合わせ